ナッツアレルギーとは ピーナッツのことをさします

 https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/faq/065.html

レビの場合コーヒーなどと同じ扱いの分類 極めて安全性が高い分類に属しています
ナッツアレルギーの十代の女の子、メニューに「ナッツ入り」の表記の無かった
デリバリーのチキンカレーを、一口食べただけで死亡
マガダミアナッツは表記の義務が無かったです http://www.caa.go.jp/foods/pdf/110930shiryo2.pdf
落花生は表記の義務があります マカダミアナッツはありません

アレルギー性物質を含む食品に関する表示について http://www.fasmac.co.jp/GM/topics/2-1.html 
ナッツアレルギーと言えば どれも一緒ではありません

 

 
    アレルギーはタンパク質に対しておきます  油の成分に対してではありません

ナッツに対してアレルギーを持つ者は少なくない。また、しばしば重篤症状を起こす。
ナッツアレルギーを持つ者は、驚くほど少量のナッツ成分を摂取しただけで
重篤な
アナフィラキシーショックを発症することがある。
ナッツを使用していない食品でも、
製造工場でナッツを使用している機器からの微量混入があっただけで発症した例がある


 ラッカセイに対するアレルギーは特に有名である。乳幼児期にラッカセイを含む食事を与えるとラッカセイアレルギーを持つようになるとする説がある。
 ラッカセイの成分を十分に
消化する能力がまだない小さな子供の体は、ラッカセイを異物として処理するためである ←タンパク質に対してのアレルギー反応
 
  
    商品について
ベジタブルオイル「Revi」
 
 
 
 
 
 
 

  
養命研究所 株式会社
漢方美容研究会が主催する
講習会を受けた  薬局、薬店、
エステサロンで販売しています


  お電話でのお問い合わせ
 養命研究所 株式会社
〒792-0836
 愛媛県新居浜市篠場町6番25号
TEL  0897-47-8751 
FAX  0897-47-8752
月曜日~金曜日
10:00~17:00
 
   お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームからは
24時間受け付けております